はるか昔から現代に至るまで、それぞれの時代に魅力的な仕事はたくさんありますが、ここではそのうちの1つ、ギャンブル業界を取り上げます。皆さんはプロのディーラーになりたいと思ったことはありませんか?ディーラーはゲームを知り尽くした専門家で、いつも笑みを絶やさず、どんな状況にも対応します。そうした仕事が選択肢になかった方も、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

「どうすればディーラーになれるの?」「必要な資格は?」「仕事の大変さは?」ここからは、皆さんのそうした疑問にお答えしていきます。また、ディーラー界の「裏側」に迫るとともに、心躍るカジノゲームの世界をご紹介していきましょう。

 

ディーラーに向いている人ってどんな人?

ディーラー一人ひとりの経験は異なるでしょうが、全員がゲームへの愛情を持っていることは間違いありません。カジノとの出会いはこの仕事を始めるかなり前だった、と多くのディーラーが語っています。彼らはカジノに出入りするうちに、「テーブルの向こう側」にはどんな景色があるのかと考え始めたのです。

プロとして働き始めたばかりの頃は、とても奇妙な感覚を覚えるでしょう。その感覚に慣れ、仕事に集中しなくてはなりません。現場では毎日たくさんの人に出会い、色々な話を聞き、彼らのエネルギーに触れることになるでしょう。ディーラーは感情のコントロールが大変な仕事なので、心の準備が必要です。

 

接客の仕方によって、いいディーラーにも悪いディーラーにもなります。いつも笑みを絶やさずエネルギーに満ちた状態であれば、それがお客様に伝わり、自分も不愉快な思いをしなくて済みます。ときには、テーブルで眠たそうだったり退屈そうなプレイヤーの対応もあるでしょう。ですが、そうした場面は夜のシフトで働いているときにはよくあることです。それほど気まずい状況ではありません。むしろ、ちょっと楽しいくらいに思える人が向いています。

 

ポーカーのディーラーになるには?

ポーカーのディーラーになるには一定のスキルが必要となります。腕のいいディーラーになるには、テクニックを知り尽くし、作戦を立て、他のプレイヤーの行動を追わなくてはなりません。多くの訓練を必要としますが、それはまた楽しい時間でもあります。給与は雇用主によって変わってきます。大手のカジノで働く場合には高額の報酬が期待できます。

次に、ポーカーのディーラー資格を得るための条件について説明します。米国の場合は基本的に21歳以上でなくてはなりませんが、18歳から働ける州もいくつかあります。高校卒業資格が必要で、前科がないことも条件となります。また就職前には、ドラッグ使用者ではないことを証明するテストがあります。そして、休日や深夜シフト、土日出勤にも柔軟に対応することが求められます。